きみも、さあ、歌おう。

声が小さくて聞き取れない原因と改善方法|何度も聞き返されるあなたへ

歌と声の悩み相談
  • 声が小さくて、「え?」と何度も聞き返される。
  • お店で店員さんを呼んでも、なかなか気づいてもらえない。
  • 人からよく「もっと大きな声でしゃべって」と言われる。

そんなつらい思いをしているあなた。もしくは、そんな人が身近にいる方へ。

治したいとは思っていても、これまで何十年間と過ごしてきたなかで自然と治らなかった――ですよね?

それには実は、理由があります。

声が小さい原因は、「身体的要因」「精神的要因」「複合的要因」と、1つだけではありません。だから、原因と関係のない解決方法を行ってもまるで効果がありません。

この記事では、「あなたの声が小さい”真の”原因」と、「原因に応じた最適な解決方法」とを、実際に悩んで相談しに来てくれた生徒のケースを踏まえてプロがお教えします。

当サイトは、「ちゃんとしたプロが」「正確な情報を」「わかりやすい言葉で」「言葉で伝えきれない部分は、動画で」解説しています。

この世で一番わかりやすい音楽メディア」がコンセプトです

「今までできなかったことが、できるようになった!」
そう言ってくれる仲間の一人に、あなたもぜひなってください!

 

声が小さい原因と対策

身体的原因について

原因分析.そもそも大きな声を出す感覚がわからない

これまで長年大きな声を出すことがなかったせいで、どうやって大きな声を出せば良いのかわからない身体的原因のケースです。

このケースの生徒さんは、「大きな声が出る原理を教えてあげる」ことと「大きな声を出す感覚をつかむリハビリ訓練」で治りました。

解決方法
大声を出すのに筋肉は要らない

まず赤ちゃんを思い出してください。そう、大きな声で泣く、赤ん坊です。……そう、実はあなたは、産まれたときからすでに大きな声をだしていたのです! それを今は忘れているだけ。

産まれたての赤ちゃんでも大きな声を出せると言うことは、つまり大声を出すのに筋力は必要ないんです。

だから、今のあなたでもまるで別人のように大きな声を出すことができます。

声の仕組み

声というのは、声帯から鳴らした小さな音(名称:喉頭原音こうとうげんおん)を、体の中で共鳴させて音を大きくさせて使用しているものです。

つまり、筋トレのイメージでボイトレをやってもあまり効果がありません。

やるのは共鳴のさせ方のトレーニングのほうです。

共鳴トレーニングの方法

共鳴の練習は、難しいことはしなくてかまいません。なんなら、大きな声を出す必要すらありません。

まずは腹式呼吸をマスターしてください。次にリップロールタングトリルを、できれば毎日行いましょう。やることはこの3つ。これだけでいいのです。

繰り返し練習を行いましょう。

精神的原因について

原因分析.大きな声を出すことに不安や抵抗がある。緊張して出せない。

こちらのケースで教室に来られた生徒の場合は、どなたも解決が早かったです。

というのも、「自分は勇気を出してボイストレーニングに通い始めた」というその事実だけで自信がつき、「なぜだかここに来るといつもより大きな声が出る」と言う方が多いです。

あとはそれを習慣づけることですね。

解決方法
ボイストレーニングをしている、その事実だけで向上する

最初のうちは教室にいるときだけ改善傾向が見られ、自宅や普段の生活ではまたいつも通りに……といったところから訓練は始まります。

しかしこれを何回か繰り返すことで、人前でしゃべることに慣れてゆき、また声を出す感覚もうまくつかんでいきます。

正直、慣れが全てです。

でも最初の一歩が一番難しい

むしろ、「最初に勇気を出してボイストレーニング教室に通うこと」が本人にとって最大の難関だったと皆さんおっしゃります。

先生方はみな、声に悩みを持つ方と真剣に向き合っています。だからこそ、この職業をしているのです。

笑う人はいません。馬鹿にする人もいません。勇気を出してみてはいかがでしょうか。

複合的原因について

大きな声が出せない原因が複数あり、なおかつ「肉体」「精神」両方が共存している

実際にはほとんどの方がこの複合型です。

というのも、元は精神的なものが原因で大きな声を出せなかったとしても、それが長く続くと大きな声を出す肉体的感覚も忘れてしまうからです。逆も同じ。

この場合、シンプルに先に述べた「肉体的原因の解決方法」と「精神的原因の解決方法」の両方を行えば解決しました。

解決方法
肉体的原因の解決方法

肉体的原因の解決方法に詳しく記載しています。

上までスクロールするか、リンク「肉体的原因の解決方法」をクリックで飛べます。

肉体的原因の解決方法へ飛ぶ

精神的原因の解決方法

精神的原因の解決方法に詳しく記載しています。

上までスクロールするか、リンク「精神的原因の解決方法」をクリックで飛べます。

精神的原因の解決方法へ飛ぶ

複合型の注意点

複合型の場合、これまでの経験上完治するまで約2~3ヶ月必要となります。
(上記はボイトレの先生に指導してもらった場合です。独学の場合はもっとかかると思います)

1ヶ月で治らなかったからといって、そこで諦めないようにだけ注意が必要です。

ちなみに余談ですが、最初は声の悩みを解決したいと思って教室に通い始めた人でも、だんだんと声を自由に使いこなせるようになるにつれて楽しくなってくるそうです。

半数以上の方がそのまま治ったあともボイトレを続けます(笑)。

 

「声が小さい」のが治らないのは、間違ったアプローチを続けてるから

この記事を読んでいる人の中には、これまでに別の方法でやったことや、独学で練習したことがある人もいるかと思います。

でも、それでは治らなかった――から、この記事を読んでいるんですよね。

過去にうまくいかなかったのは、精神的原因なのに肉体的改善アプローチをかけていたり、あるいは肉体と精神両方に対して改善訓練を行わなければならないのに、片方だけしかやっていなかったことなどが要因として挙げられます。

ただ、一つはっきり言えるのは、「声が小さいのは治る症状」だということ。

赤ちゃんがあれだけ大声で泣けるのに、構造上できないわけがないんです。間違った努力は今すぐ辞めて、適切な努力をしっかりと行いましょう。

声が小さいことがストレスになっているなら正しい努力で

もしもあなたが自分の声の悩みでストレスを感じているのならば、なるべく早く解決してほしいと思います。

またできることならば無駄な努力を続けないために、しっかりとした講師に頼りたいところです。

……ですが、皆さんその最初の勇気が出なくてずっと悩んでいた、という方が本当に多いです。

だから、もしも一歩踏み出す勇気がないのならば、少しだけ背中を押しましょう。

人生変わるよ。

今までストレスに感じてきたこと。声が小さくて舐められて、損をしてきたこと。何度も「え?」と聞き返されて、うんざりしていたこと。

これらが全部なくなって、嫌なことから解放されて、まるで生まれ変わったかのように、人生がそこから新しく変わります。はっきりと言い切れます。

だって、あなたと同じ思いをしてきた先輩が、そうだったから。

タイトルとURLをコピーしました